2006年02月23日

【ディスク容量】と【メモリ】

【ディスク容量】
古いファイルを新しいファイルで上書きする場合、新しいファイルを正しく
保存できるかどうか確認するために、Excelはハードディスク上に
一時ファイルを作成してから、古いファイルを削除し、その後で
一時ファイルの名前をオリジナルのファイル名に戻すという作業を
します。

これによって、保存中に事故が起こった場合でも、古いファイルと
新しいファイルの両方が失われるという事態を防ぐ事ができます。
また、ハードディスクの利用可能領域の2分の1よりも大きな
ファイルを開いて変更を加えたり、保存したりする事はできません。

例えば、1..44MBのフロッピーディスクでは、720KBよりも
大きなファイルの読み込み、変更、保存はできません。
720KBより大きなファイルを保存する場合は、
ハードディスク上でBookのコピーを編集してから
フロッピーディスクに保存するようにします。

============================
あと5万!! 旦那の給料は下がるし、私のパートだって限界(― ―;
毎日2時間♪ もう1つパートに行ったつもりで、自宅で起業!!
    キッカケはココ⇒ Life Style Revolution

旦那に秘密にしていた借金も、内緒のまま【完済】しちゃったぁ〜!
=============================
【メモリ】
Excelでは、メモリの許容範囲内で複数のファイルを開く事ができます。
但し、データ量とは関係なく、開かれたファイルは一定のメモリを
占有します。
同時に開くファイルの中に、大量のデータ(何千というセルにデータが
入力されている)ファイルがある場合、同時に開くファイルの数を
極力減らしましょう。

私の失敗談(^^;
それこそ…計算式が大量に入っているファイルがあったんです。
ファイル自体の大きさは大した事無かったので油断してしまいました。
ある日、保存をしようとしたらエラーになり…変更部分を諦めて
Bookを閉じ新たに起動しようとしたのですが…
メモリ不足で開かない!! はぁ〜〜!!でした(^^;
posted by sally at 20:46| 東京 🌁| Comment(0) | 基本操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。