2006年02月15日

【保存】

保存には、[上書き保存]と[名前を付けて保存]の2種類あります。

[上書き保存]は、以前作ったファイルに変更を加え、
保存したい場合に使用します。
以前作った内容を「上書き」しますので、以前作ったファイルは無くなります。

以前作ったファイルも残し、変更後のファイルも保存しておきたい場合は、
変更後のファイルを[名前を付けて保存]します。

また、新規Bookを保存したい場合も、この[名前を付けて保存]をします。

ツールバーの[上書き保存]のボタンでも保存できます。
このアイコンを使用する場合は、注意が必要です。
新規Bookで、まだ一度も保存されていないものは[名前を付けて保存]の
ダイアログボックスが出ます。
が、既存のファイルで作業していた場合、このボタンを押すと[上書き保存]されます。
変更作業前のファイルを取って置きたい場合には、注意しましょう!

また、キーボードショートカットでも保存できます。
★名前を付けて保存…[Alt]+[Shift]+[A]
★ 上書き保存…[Alt]+[Shift]+[S]または[Ctrl]+[S]

************************************************
どんなに頑張ってみても、同期の男性より安月給!
「結婚しないの?」とセクハラ部長。。。(´ヘ`; ハァ
会社に内緒で、自宅で起業! キッカケはココ ⇒Life Style Revolution
今月もW給料♪あんな会社いつでも辞めてやるぅ〜♪
************************************************

この他、保存には「作業状態を保存」や「自動保存」などがありますが、
これらについては、追ってご説明いたします♪

では、今回は、新規Bookの保存ですから、[名前を付けて保存]をします。
[メニューバー]→[ファイル]→[名前を付けて保存]
または、ツールバーの[上書き保存]ボタンをクリック。

[名前を付けて保存]のダイアログボックスが出てきましたね?!

ダイアログボックスの説明も、後日ゆっくりしますので、
今日は、取りあえず[保存]の方法をマスターしましょう♪

ダイアログボックスの左側に並んでいるボタンの中の[デスクトップ]を選択して下さい。
クリックして、ボタンが凹んだらOKです。

ウィンドウの中に、[マイコンピュータ]など、デスクトップに
並んでいるものが表示されていますね?!

では、そのウィンドウの下の[ファイル名]を見てください。
[Book1.xls]というファイル名になっていると思います。
今回は、そのままにして置いてください。
(次回、ファイル名をつける場合の注意事項を説明します)
その下の[ファイルの種類]もそのままにしておきます。
右側の[保存]のボタンをクリックして下さい。

これで、デスクトップに[Book1.xls]というファイルが保存されました。
Excelを最小化して、デスクトップに[Book1.xls]が存在するか確認して下さいネ♪

Windowsの設定によっては、[Book1]とだけ表示されて、拡張子の[.xls]が
無い場合がありますが、これを表示するには、Windowsエクスプローラーの
[表示]→[フォルダオプション]→[表示]→[登録されているファイルの拡張子は
表示しない]のチェックを外してください。
詳細は、Windowsに付属のマニュアルをご覧下さい。

posted by sally at 00:03| 東京 🌁| Comment(0) | 基本操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。