2005年12月13日

【スタートメニューからの起動】

「パソコンを買った時から【Excel】は入っていたけれど、起動した事も無い!」
そのような方も、大勢いらっしゃると思いますので、
【初めてのExcel】では、Excelの[起動]・[終了]からお届けしたいと思います。


[起動]・[終了]だけでなく、編集方法には数種類の方法があります。
全てを覚える必要はありません。
ご自身が「これがいい!」「これ、簡単!」と気に入られた方法を
選んでいただければ宜しいかと思います。

それでは、起動してみましょう♪

【スタートメニューからの起動】
[タスクバー]→[スタート]→[(全ての)プログラム]→[Microsoft Excel]

この方法は、Excel本体の起動になります。
初めてExcelを起動する時や、新しいファイルを作る時にこの方法で
起動します。
既に保存してあるファイル等を開く際は、他の方法もあります。
その方法は、後日ご説明いたします。


では、Excelを終了したいと思います。
[タイトルバー]の右端にある[×]のボタンをクリックして下さい。
([×]が[タイトルバー]と[メニューバー]の上下2列に並んでいますが、
今日は上の[タイトルバー]の[×]をクリックします)

Excelを起動して、何も作業をしていなければ、すんなり終了します。
どこかをクリックしたりすると…
黄色のビックリマークがついた、アラート(警告)がでます。
アラートの中身をよく読んでみてください。
  「 'Book1'への変更を保存しますか? 」…となっていますね?!
今回は、何も作業をしていないので、[いいえ]をクリックします。
このアラートの[はい][いいえ][キャンセル]についても
後日、解説致します。


お疲れ様でした!
初めてExcelを触った感じはいかがでしたか?
【起動】と【終了】だけでしたが、結構ドキドキしませんでしたか?

PCに限らず、Excelも奥が深いです。
初めから「きっちりと理解しよう!」と意気込んでしまうと
わかる前に「嫌い」になってしまいます。(笑)
「まぁ、いいや。後で調べよう」と思考の変換をして下さい。
「そんな事したら、わからない事だらけになっちゃうよ?!」ですか?
大丈夫です!!!
個人差はありますが、不思議な事に…今までわからなかった事が
ある時「そうなんだ!!」といっぺんに理解できる日が来ます。
どなたでも、諦めずに続けていると、必ずその時は来ます!
焦らずに…「まぁ、いいや!」です♪ (*^_^*)
posted by sally at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | 基本操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。